テレビ会議を導入するときの注意点

テレビ会議を導入するときの注意点

テレビ会議のシステムは全国に支社などを展開している会社などにとっては交通費や移動時間をかけずにやり取りができるようになるため、業務の効率化に繋がります。

しかし、いざテレビ会議のシステムを導入し、実際にテレビ会議を行おうとすると、支社に配置した専用の機器と接続ができないという事態が起こり、やっと繋がっても操作に手間取って、会議の進行が相当遅れてしまうということもあり得ます。



このような事を防ぐために、予めシステムを導入する前にテレビ会議の長所と短所をよく理解しておき、操作する方法が記載されたマニュアルを完備しておいたり、実際に操作してみる研修を行っておくなどして利用する社員全員にシステムを使いこすことができるようにしておくことが重要になります。

テレビ会議システムのように、比較的通信の接続状況が比較的安定している場合にも、スムーズにやり取りが可能な場所と、上手くやり取りができない場所があります。



海外などといった遠く離れた場所との会議では映像や音声のやり取りをしていると、ノイズが入り混じったり、聞こえづらくなることがあります。



特にやり取りする相手が、外国人であるときは母国語ではない言葉で話し合うことになることもあるため、接続状況が悪いとコミュニケーションが一層取りづらくなってしまいます。

そして、発生する通信費は非常に高額になってしまいます。

やり取りする場所によって上手に使い分ける必要があります。


Copyright (C) 2016 テレビ会議を導入するときの注意点 All Rights Reserved.